出版物制作 かんたんガイド

CAS-UBの電子出版物制作の流れは、大きく分けて3工程あります。
ここでは、この3工程と、実際の運用について簡単に紹介します。

1.はじめての電子書籍(新規出版物の作成)

ユーザー登録が済んだら、早速使ってみましょう!
先ずは、新しい出版物を作ります。原稿の用意があるかないかで、手順が若干異なります。

原稿をWord(.doc/.docx等)で既に持っていて、取り敢えずEPUBを出したい!

これから作る!
またはWordではなく、プレーンテキスト(.txt)ならある。

本文の編集

新規出版物の作成で、電子書籍の外枠が作られました。
次は中身を適宜編集し、より見易くします。

  • edit本文は考えながら作る!
  • edit新規出版物の作成で最初からWordをEPUB変換。本文表示がなんかヘン。
  • edit誤字脱字発見。ちょっと手直ししたい。

Wordだけではなく、テキストファイル(.txt)でも原稿を持っている。

いくつか記事を作ってみたけど、順序を入れ換えてプレビューしたい。

出版物生成設定

本文(記事)編集が終われば、いよいよ電子書籍の生成設定です。
EPUBを生成する場合は、EPUB用の生成設定を、PDF生成するときは、PDF用の生成設定をそれぞれ行います。

EPUB・Kindle(.mobi)を生成したい!

プリント・オン・デマンド用のPDFを出力したい

CAS-UBのカスタマイズについて

  • createCAS-UBにもEPUBやPDFなどへのレイアウトテーマがありますが、既存のものでは足りない、利用できない場合、個別にカスタマイズを請け負っています。
  • create現在、CAS-UBはWebサービスとして提供していますが、セキュリティ上、イントラネット環境での利用しかできない場合は、システムを丸ごと移築することも可能です。