文書編集機能

CAS-UBでは、ブラウザ上で文書の編集を行うことができます。

本文について編集する

テキスト編集機能

テキストの入力編集

編集画面のテキスト入力スペースの上部に、「見出し」から始まる本文編集に多く利用する機能をボタンとしてまとめています。Wordの操作と同じように、目的の場所を選択し、付与したい要素のボタンを押す、または選択すると、「本文」とは別の要素を埋め込みます。

  • createマークアップ
  • create検索・置換
  • create外部データ入力
記事編集画面

文書構成を編集する

編集画面には、現在開いている出版物の構成がツリー構造で表示されます。一つ一つの「枝」を、CAS-UB では「記事」と呼びます。

CAS-UBではこの記事の並びをドラッグして、視覚的に入れ替え・変更ができます。

  • create出版物の構成ツリー表示
  • create記事同士の入れ替え
  • create見出し、扉、奥付など記事の種類の付与
外部データのインポート

外部データのインポート

著者が作成した素材を取り込むのがデータ交換です。CAS-UBでは、次のファイルを取り込むことができます。

  • createWord(Microsoft Word 2003XML形式推奨)
  • createプレーンテキスト
  • createWordPress(WXR)
  • createSVGのZIP

内容のプレビュー

CAS-UB では、編集作業は基本的にテキストで行います。出来栄えを確かめるのが、「内容表示」になります。
また、ユーザーにイメージが付きやすいよう、「内容表示」は、出力したいEPUBのデザインテーマを選択することができます。

プレビュー前後

 【ご注意】 PDF出力のプレビュー設定はありません。