Webページ生成機能

EPUB3の内容をWebブラウザで閲覧しやすいよう整理し、ZIPにまとめたものです。ZIPを解凍すれば、そのままWebブラウザで閲覧できます。

利用例

Webページ生成機能を使ってどんなことができるのか、代表例をご紹介します。

Webマニュアルイメージ
Webマニュアルの掲載
ソフトウェアに付与する製品マニュアルのWeb版として利用。
アンテナハウスWebサイトで公開されているマニュアルの多くは、CAS-UBで編集し、ソフトウェアに添付するためのPDF版と他、Web版を生成・公開しています。
CAS-UB旧バージョンで生成しているため、全文検索機能はついておりません。
Web書籍として公開
Web上で全文公開している書籍の例です。
こちらは、PC用とモバイル用の他、EPUBも公開していますので、ぜひ見比べてみてください。
  • createXSL-FOの基礎 第2版(発行形式:電子版 (第2版は全文を無償公開中)内のリンクをご覧ください。)
モバイル用では、レスポンシブデザインと全文検索機能をお試しいただけます。

機能の詳細設定

CAS-UBのWeb生成機能について、設定できる機能は以下のとおりです。

タイトルページを生成
出版物のWebページの表紙に代わるページとしてタイトルページを生成できるオプションを追加しました。
サンプルとしては、「XSL-FOの基礎 第2版」のモバイル版が該当します。
目次ページのレスポンシブ対応
目次をフレームで表示(画面を2分割)するか、目次アイコン(右図左上ブルーアイコン)で表示するかの切り替えで、レスポンシブ化を図りました。
これにより、スマホなどの小さい画面でも問題なく閲覧できるようなりました。PCではフレーム表示、モバイル端末(画面が狭いとき)では、目次フレームを目次アイコンに縮退、タップで目次フレームを表示します。
index.htmlにJavaScriptのリンクとJavaScriptを保存するディレクトリとファイルを新たに生成する
index.html に
<script type="text/javascript" src="scripts/script.js"></script>
を挿入し、scripts フォルダを作成して空のスクリプトファイル script.js を生成します。
ナビゲーションの言語設定
ページ送りのためのナビゲーションの言語を「日本語」と「英語」で選択できます。
出版物単位の全文検索機能
htmlファイル単位ではなく、「出版物単位」で検索が行えます。
目次に全文検索画面へのリンクが挿入され、リンクをクリックすると全文検索画面が表示されます。入力枠に検索ワードを入力(前方一致)、検索ボタンをクリックすると、入力ワードをハイライトした状態で検索結果が一覧として表示されます。
全文検索画面
全文検索機能はスクリプト内に検索用のデータを持つため、大きな出版物では閲覧時にメモリ使用量が多くなります。
【リンク1のURL】/【リンク1の表示名】
目次の先頭につけるリンクのリンク先URL1(製品ページなど:画像内「リンク1の設定内容」)
【リンク2のURL】/【リンク2の表示名】
目次の先頭につけるリンクのリンク先URL2(サイトページなど:画像内「リンク2の設定内容」)
目次の先頭リンク

設定がブランクのときは、何も表示されません。

リファレンス

Web生成機能の詳細説明は、次のマニュアルよりご参照ください。