AH Formatter アンテナハウス株式会社


目次

  1. はじめに
  2. 第1章 XSL-FO による組版の概要
    1. 1–1 組版で配慮すべきいくつかの項目
    2. 1–2 XSL-FOによる組版プロセス
    3. 1–3 XMLドキュメント
    4. 1–4 XSLT
    5. 1–5 XSL-FOドキュメントの例
    6. 1–6 XSL-FOプロセサ
    7. 1–7 XSL-FOユーザーとXSL-FOプロセサの役割
  3. 第2章 FOツリーの基本構造
    1. 2–1 fo:rootとその子供たち
    2. 2–2 簡単な冊子FOドキュメントと組版例
  4. 第3章 ページマスターとページシーケンス
    1. 3–1 単純ページマスター
    2. 3–2 本文区画
    3. 3–3 ページシーケンス
    4. 3–4 フロー内容
    5. 3–5 静的内容
    6. 3–6 流し込み区画の対応付け
    7. 3–7 タイトル
  5. 第4章 ページレイアウトの切り替え
    1. 4–1 本のページレイアウト
    2. 4–2 ページマスターの参照方法
    3. 4–3 ページシーケンス・マスター
    4. 4–4 左右ページのヘッダー・フッターの配置切り替え
    5. 4–5 先頭ページのヘッダーとフッターの内容を変える
    6. 4–6 段組
  6. 第5章 エリアモデル
    1. 5–1 ブロックエリアとインラインエリア
    2. 5–2 エリアの基本構造
    3. 5–3 参照エリア
    4. 5–4 参照方向
    5. 5–5 ライティングモード
    6. 5–6 ブロック方向位置合わせ
    7. 5–7 参照方向・ライティングモード・ブロック方向位置合わせの適用
    8. 5–8 単純ページマスターの回転・ライティングモード適用
    9. 5–9 内容領域の大きさ
    10. 5–10 絶対方向指定と論理方向指定
    11. 5–11 マージン・プロパティのグループ
    12. 5–12 相対配置
  7. 第6章 プロパティ値の書き方
    1. 6–1 初期値と継承
    2. 6–2 数値
    3. 6–3 カラー
    4. 6–4 式と評価
    5. 6–5 関数
    6. 6–6 ショートハンド・プロパティ
    7. 6–7 データ型
    8. 6–8 複合データ型<space>
    9. 6–9 複合データ型<keep>
  8. 第7章 テキストとフォント
    1. 7–1 テキストを配置できるFO
    2. 7–2 フォント
    3. 7–3 文字の色
    4. 7–4 文字コードと文字オブジェクト
    5. 7–5 空白の扱い
    6. 7–6 テキストの加工と修飾
    7. 7–7 書記系
  9. 第8章 ボーダー(罫線)とパディング
    1. 8–1 ボーダー
    2. 8–2 パディング
    3. 8–3 ショートハンド
    4. 8–4 設定対象FO
  10. 第9章 背景
    1. 9–1 背景関連プロパティ
    2. 9–2 背景を適用できるFO
  11. 第10章 ブロック組版オブジェクト
    1. 10–1 fo:blockのレイアウト
    2. 10–2 fo:blockの内部領域のテキスト配置
    3. 10–3 行の高さとブロックエリアの高さ
    4. 10–4 段落間の間隔
    5. 10–5 段落の幅
    6. 10–6 改ページや改段の制御
    7. 10–7 ウィドウとオーファン
  12. 第11章 ブロックコンテナー
    1. 11–1 部分縦書き
    2. 11–2 ブロックコンテナーの位置指定
    3. 11–3 重なり
    4. 11–4 オーバーフロー
  13. 第12章 インラインFOとインラインコンテナー
    1. 12–1 インラインFO
    2. 12–2 ベースラインの調整
    3. 12–3 インラインコンテナー
  14. 第13章 画像
    1. 13–1 外部画像
    2. 13–2 fo:instream-foreign-object
    3. 13–3 画像エリアの位置合わせ
  15. 第14章 ページ番号の処理
    1. 14–1 ページ番号
    2. 14–2 ページ番号を引用
    3. 14–3 ページ番号文字列の書式
    4. 14–4 ページ番号への接頭辞と接尾辞
    5. 14–5 fo:page-number-citation-last
  16. 第15章 柱の内容を取得
    1. 15–1 取り出したい内容の設定
    2. 15–2 柱の作成
  17. 第16章 リーダー
    1. 16–1 リーダー用のプロパティ
    2. 16–2 リーダーの使用例
  18. 第17章 表
    1. 17–1 表とキャプション
    2. 17–2 表の本体レイアウト
    3. 17–3 表のカラム幅指定
    4. 17–4 表のヘッダーとフッター
    5. 17–5 表のボディ
    6. 17–6 表の行
    7. 17–7 表のセル
    8. 17–8 表の罫線
    9. 17–9 一般プロパティの表への適用
    10. 17–10 表のヘッダー・フッターの動的設定
  19. 第18章 リスト(箇条書き)
    1. 18–1 リストのレイアウト
  20. 第19章 しおりのFO
  21. 第20章 脚注と前方フロート
    1. 20–1 脚注
    2. 20–2 前方フロート
  22. 第21章 サイドフロート
    1. 21–1 フロートのプロパティ
    2. 21–2 フロートの解除
    3. 21–3 侵入による移動
  23. 第22章 索引
    1. 22–1 索引キーと索引項目
    2. 22–2 範囲の始まりと終わりの索引キー
    3. 22–3 索引ページ番号の表示に関わるFO
  24. 第23章 リンク
  25. 第24章 双方向性(BIDI)
    1. 24–1 双方向性とは
    2. 24–2 ニュートラル文字とミラーリング
    3. 24–3 fo:bidi-override
  26. コア関数ライブラリーとデータ型
    1. コア関数ライブラリー
    2. データ型
  27. FOの一覧
    1. 宣言、ページネーション、ページレイアウトのFO
    2. ブロックレベルのFO
    3. インラインレベルのFO
    4. 表のFO
    5. リストのFO
    6. リンクとマルチFO
    7. 索引のためのFO
    8. しおりのためのFO
    9. アウト・オフ・ラインのFO
    10. その他のFO
    11. フォーマッテイング・プロパティ
  28. あとがき
  29. 図表一覧
  30. 索引